• こんな時はポンプ交換が必要です

    • 水をくみ上げるポンプは、普段見ることがないので、劣化に気付きにくいのですが、毎日使う物なので、年月がたつと必ず劣化してしまい、急に故障することもあるので注意が必要です。

      ポンプは、水をくみ上げたり、汚水を排出する働きをしているので、ポンプが故障すると、日常生活に大きなダメージがあります。


      修復には、何日もかかってしまうことが多く、いったんポンプが壊れてしまうと、時間も労力もお金もたくさんかかってしまうので、耐用年数が過ぎたら、故障する前にポンプ交換をすることがおすすめです。


      ポンプは、10年ほどが耐用年数と言われているので、10年を経過したら、ポンプ交換をする必要がありますが、10年を過ぎていなくても、使用頻度によっては、寿命が来てしまうことがあります。
      水を出す時に変な音がしたり、水の出が一定せず、急に水流が強くなったり弱くなったりするときには、ポンプ内部の部品が劣化したり、摩耗している可能性があります。

      購入してから2〜3年などの新しいものであれば、修理や部品の交換をして使うことができる場合が多いのですが、ある程度の期間使っている場合には、10年経過していなくても、これから次々と故障する可能性が高いので、早めにポンプ交換しておく方が安心です。ポンプは、タンクの中に入っていたり、建物の構造体の中に隠れていたりすることがほとんどなので、修理をする場合でも費用がかかってしまいます。

      何度も修理を繰り返すよりも、ポンプ交換をしてしまった方が、お得で安心なことも多いのです。

















  • 関連リンク