• 世界的に導入量が拡大する太陽光発電

    • かつて「太陽光発電」の分野において世界一のシェアを誇っていた日本は、2000年代の後半以降中国やドイツを中心とするヨーロッパ勢の台頭により、近年その地位から転落し後塵を拝する状況です。

      今回は2015年の「太陽光発電」の国際的な業界団体が発表した推定値を基に、年々世界的に拡大を続ける「太陽光発電」の導入量を中心にご紹介します。

      外壁塗装 神奈川に関する情報をすばやく探せます。

      2015年の世界の「太陽光発電」の導入量は最低でも、約51GWに達したと見られています。

      まったく新しい住宅リフォーム 神奈川の情報を手に入れてみませんか?

      その内、ドイツを抜いて世界最大の規模になったと見られる中国の導入量は、2015年で少なく見積もっても約15GWに上り、前年を約4割を上回るペースで拡大を続けています。



      そして日本は「固定価格買取制度」が大きな下支えとなり、2015年においては約10GWを新たに導入し、停滞を続けていた日本は一時期の低迷を抜け出しつつあります。

      リノベーション 横浜のマニアックな情報をお届けします。

      またアメリカの2015年の導入量も、前年を約5割以上も上回る約10GWと、気候変動問題を重視するオバマ政権の政策により、飛躍的な拡大を遂げています。



      ヨーロッパでは2015年の導入量は約8.5GWに上ると見られ、そのうち半分近くをイギリスが占めているのが特徴です。

      https://4meee.com/articles/view/114190

      一方で前年まで世界一の規模を誇っていたドイツは、拡大のペースが大幅に縮小しつつあり、2015年の導入量は約1.4GWにまで落ち込んでいます。


      新興国ではインドが2015年の導入量が約2GWまで拡大し、2016年以降はさらなる拡大が見込まれています。

      http://smany.jp/tag/20751

      インドを始めとする新興国が、世界的にも「太陽光発電」における今後の導入量の拡大や成長を担っていく、中心的存在の一部になると考えられています。

      http://girlschannel.net/topics/401871/

  • 関連リンク

    • こんな症状が出たらポンプ交換

      ポンプの部品が劣化したり、摩耗してきたときには、水の出が一定しなかったり、変な音がしたりする症状が出たりします。空気が入り込んでいるような状態になったときも、ポンプの部品が傷んできていたり、正常に動作していなかったりすることがあるので、注意が必要です。...

    • ポンプ交換の気になる費用

      世帯人数にかかわらず、生活をしていれば誰でも水を使うので、ポンプは生活の中でとても重要です。水を使う頻度にかかわらず、毎日水を使うので、ポンプは劣化が比較的激しいと言われており、ポンプ内部の部品は、摩耗したり劣化したりするため、3年から5年で交換するものが多く、ポンプ本体も10年がたつと、耐用年数を過ぎていると言われています。...