• こんな症状が出たらポンプ交換

    • ポンプの部品が劣化したり、摩耗してきたときには、水の出が一定しなかったり、変な音がしたりする症状が出たりします。


      空気が入り込んでいるような状態になったときも、ポンプの部品が傷んできていたり、正常に動作していなかったりすることがあるので、注意が必要です。
      また、排水のときに変な音がしたり、ぽこぽこと変な音がする、水がたまりがちになるなど、一見排水管の汚れが原因と間違いやすい症状が出ることがあるので、注意が必要です。


      ポンプの寿命は、使用頻度にもよりますが10年ほどが目安と言われています。ポンプのメンテナンスや部品の交換を定期的にしていたとしても、水の中で使ったり、水を扱ったりする物なので、劣化は比較的速く、ポンプ内部の部品は3〜5年ごとに取り換えることが推奨されており、本体は10年程度でポンプ交換することが推奨されています。

      毎日使う水がでなくなったり、排水がうまくできなかったりすると、日常生活に大きな支障を及ぼすことになるので、耐用年数を過ぎても使っている場合には、早めにポンプ交換をすることがおすすめです。水が出ないこともとても大変なのですが、排水ポンプが故障してしまうと、大規模な水漏れが起きてしまったりして、建物内部の損傷がひどくなるだけでなく、ご近所に迷惑をかけてしまうこともあります。
      早めのポンプ交換をすることがおすすめですが、定期的に点検を受けたり、故障のサインを見逃さないようにして備えることも大切です。

      住宅リフォーム 神奈川の知識が身につきます。

      こだわるならリノベーション 事例 横浜の口コミ情報をまとめました。

      エコカラット 千葉の情報を確認できるサイトです。

      春日部 キッチンリフォームに関する情報満載です。

      今までになかった外壁塗装 神奈川が気になる方に必見の情報です。

      http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/special/CO015612/20150428-OYT8T50139.html

      http://girlschannel.net/topics/252112/

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10152122035

  • 関連リンク

    • 世界的に導入量が拡大する太陽光発電

      かつて「太陽光発電」の分野において世界一のシェアを誇っていた日本は、2000年代の後半以降中国やドイツを中心とするヨーロッパ勢の台頭により、近年その地位から転落し後塵を拝する状況です。今回は2015年の「太陽光発電」の国際的な業界団体が発表した推定値を基に、年々世界的に拡大を続ける「太陽光発電」の導入量を中心にご紹介します。...

    • 住宅の掃除を効率的に行う方法について

      快適な生活を営むためには居住空間は常に清潔な状態で保たれていることが重要な条件になります。近年では住宅用の掃除用具が多数販売されていますが、汚れを効率的に取り除いて清潔な状態を長持ちさせることが出来るように掃除の方法を工夫することが大切です。...